2005年07月14日

召集令状

2005年夏


人々は融けかかったアスファルトの上に


己が足跡を残しつつ歩いていた…
 
ひどく暑い
 
そこに届いた一通のSMS、それがこの物語の始まりである・・・・・・・・
 
東莞での仕事を終え正午発シンセン行きのバスの座席に深く腰を降ろした男はすぐに静かな眠りへと落ちた。
ちょうど乗り合わせた乗客も少なく、 心地よい空調のもと出発前からシンセン到着まで目を覚ますことは無かった。
羅湖に到着したのは13時過ぎ。 バスを降り燦燦とふりそそぐ太陽を目を細めながら恨めしそうに一瞥をやる。
「何時だろう?」と携帯電話のスクリーンに目をやるとそこにはSMS着信の表示。 しかも2通である。
メッセージをオープンした男の目に飛び込んできたのは日本語で綴られたSMSであった。
 
○sukalです。シンセンですか?市内でしたらお仕事終わられましたらお食事でもどうですか?
○sukaly Yours!
 
男は一瞬たじろいだ。
大魔王様からの召集令状である。文末に「○sukaly Yours!」というネットで見慣れた署名があり本物であることは疑うべくも無い。
召集令状を受け取ってしまっては健康な日本男児、いかなる言い訳も許されないのである。
行かねばならぬ。
SMS表示画面からすぐさまダイヤル。
コール音が流れる時間がひたすら長く感じた。
噂の大魔王はどんな声なのだ?日本語は通じるのだろうか? あんなこと書いたから怒られるのだろうか?
男の脳裏にはあらゆる光景が走馬灯のように巡り巡る。
 
つづく・・・・・・・
 
 
続きを読む
posted by reveil at 16:12| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。