2006年02月09日

QWERTZ を QWERTYに

春節休みでみんなが休養している間も皆の快適なモバイルライフの為に夜も寝ずに昼寝しながらシクハックのAsukalさんがT-Mobileドイツ語ROMと格闘されていたことはみなさんもう御存知ですよね。

ドイツ語ROMベースにするとOSが更にチューンされているのかサクサク動いて、いち早く搭載されたBluetooth A2Dが実現されたりと良いことが多いんだけどキーボード配列の問題が残っていた。

Asukalさんがドイツ語ROMを導入しているi-Mate Jasjarのハードキーボードは所謂QWERTY配列なのだが、 ドイツ語ROM導入の初期状態ではYを叩くとZ、Zを叩くとYが入力されてしまう。そう、 ハードキーボードはQWERTYなのにソフトはQWERTZで動いている状態。これでは長年かけて鍛えあげてきたQWERTYフィンガーが無駄になり、 快適な入力ができない。

「キーボードにシール貼れよ」とか言う輩もいるが、それでは意味がない!QWERTYフィンガー対応じゃないとダメなのだ。 ハードとソフトが奏でる美しいメロディーが無ければ男の美学は完結しないのだぁ!

んで、このレジストリ

REGEDIT4

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\OEM\Qwerty]
"Layout"=dword:00010409

00010409  QWERTY

00010407  QWERTZ

参考:Locale ID (LCID) Chart

ちなみに私の英語機の場合 00010409 だったものを 00010407 にしてやるとYを叩くとZが、Zを叩くとYが入る。 しかもキーボードの上にある赤い記号の配列も一致しない。たぶん、恐らく、かなりの確立でこれに違いないぞAsukalちゃん!たぶん、恐らく、 かなりの確立でドイツ語ROMの場合デフォルトが00010407になっとるに違いない!最後の数字7を9にするだけ! 旅立ち前の忙しい身であることはわかっているがやってみてくれ!頼む!お願い!

 

続きを読む
posted by reveil at 15:22| 香港 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。