2006年10月13日

またまた乾電池式充電器

乾電池充電器マニアではないが、第三弾!

単三乾電池一本を挿入すれば外部充電器に変身する便利な筒です。

左端にケーブルを繋ぐ端子がついてまして、ここに付属のケーブルを挿して使います。

ボディは素敵なアルミ削り出し。

しかも今回は中国移動が2008年北京オリンピックに協賛したことを記念したモデルだ〜!

限定4個を買物隊でお裾分けしま〜す!

 

 

posted by reveil at 23:57| 香港 | Comment(3) | TrackBack(0) | 電中買物隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nokia Software Updater

Nokia Software Updaterというのを試してみた。

これまでノキアのファームウェアをアップデートしようと思うとノキアショップに持って行ってやってもらうくらいしか方法がなかったけど、 これを使えば自分で最新のファームウェアにアップデートすることができてなんか嬉しい。

手持ちのNOKIAはN70とE61があるけど、 このアップデートを実行すると元々の言語の最新バージョンに書き戻されるらしいので今回はN70でやってみることにした。

 

 

 

手順さえ間違えなければほぼ自動的にファームウェアのアップデートが完了する。

ファームがアップデートされる様子を眺めていると大まかには以下のステップでアップデートされるみたい。

1) Software Updaterが機種を判別

2) 判別した機種情報に応じたファームウェアをPCにダウンロード

3) Boot Loaderモードでファームのフラッシュ

と、いうことは2)の段階でダウンロードされてきたファイルがどっかにあるに違いないと探してみたら、 ファームのフラッシュが問題なく終了すると自動的に削除されているみたいで見つからなかった。

さらにしつこく探していると、Cドライブに temp という名前のフォルダができている。 タイムスタンプもアップデート作業をやった時間と酷似。中身を覗いてみると、adl_flash.logという名前のファイルを発見。

ビンゴ!このファイルにはファームをフラッシュした際のログが事細かに記載されていた。 それによると2)のステップでダウンロードされたファイルはc:\program files\common files\nokia\service layer\service modules\servicemodule_00001\products\に格納されるらしい。

ためしに欧州のどこか版機体に香港ファームが焼かれているE61をPCにつなぎ、 1)のステップでOK、2)のダウンロードが始まった直後にケーブルをUSBから抜いてやると、 ダウンロードは停止せずフラッシュ開始の手前でエラーが表示される。ここで、 上記のフォルダを見てみると・・・・・

あとは色々作業のステップを考慮したり、 ファイルのリネームしたりしながらごそごそやればオリジナルの言語以外のファームにもできるかも知れませんね。 私は怖いのでこれ以上はやめておきますが・・・・。

ちなみにうちのE61はRM89というのを落としてきましたが、 もうひとつRM88っていうのもあるみたい。何が違うのか知りたいなぁ〜〜。

最後に一言 Do it under 自己責任!

 

 

posted by reveil at 02:25| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。