2006年09月15日

乾電池バッテリパック

モバイラは常にデバイスのバッテリの残量を気にしながら生きていると言っても過言ではない。 WM5になってからバッテリが無くなってもデータの消失という最悪のシナリオは無くなったものの、 バッテリ切れはモバイラの手となり足となり稼動するデバイスをただの箱にしてしまう。 ただの箱と化したデバイスを持ち歩くことはモバイラにとって最大の恥とも言える。

予備電池、外部バッテリパックは標準装備としても、 そのいずれも充電残量がゼロになると同時にこれまたタダの箱になってしまう。しかも重い。 その重さは屈辱に打ちひしがれたモバイラーの精神力だけではなく体力までも奪い取ってしまう。そこで登場するのがこの単三乾電池4本を外部バッテリにしてしまうタダの箱。タダの箱だけあって軽い。 大きさも名刺より一回り小さいくらいのもの。これさえあればカラータイマーが点滅しても近所のコンビニで単三電池さえ入手できればすぐさま充電開始できる。

 

デバイスへの電源供給はUSBから。 各種くるくるケーブルを駆使すればかなり広範囲な機種に対応できるはず。

また、電源供給をオンオフするスイッチがついており、電池の無駄な消耗を軽減することができる。

充電可能な乾電池を利用できるようにDCプラグインまで準備されている。(充電ケーブルは付属してません)

 

 

 

 

まさかのための保険にいいと思う。

posted by reveil at 18:01| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。